FC2ブログ

秘密の部屋

恥ずかしがり屋のYOSHIの秘密のお部屋です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
お気に入りの話・・・前編?
「GWの楽しいお仕事・・・」

今年のGWは休みも返上して必死で働いてるのに、「仕事が片付いたら早く来なさいよ!」なぁんて実家の母親に言われてしまった。
そんな事言ったって仕事はそんな簡単には終わらず、結局私のGWは、会社と家の往復で終わってしまったんです。
でもそんなある日、社内でイケメンだと評判の中村くんと、二人だけの日があったの。
中村くんもGWに何処へも行けず仕事しなきゃいけないので、ヤケクソになっていたのか、私の誘惑にノッってきました。
「たまには息抜きもしようよ。ネ・・・」こんな風に言って私が抱きついてあげると、「えっ・・・こんな時に・・・」なんて最初は抵抗していたのですが、彼にもその気があったのか、すぐ私のキスに負け、ギュッ!!と抱き返してきたかと思うと胸に手を伸ばしてきました。
「そうだ!社長室なら誰も来ないからそこでしょうか?」私は社長室にある革張りのフカフカの椅子を思い出しました。部下に仕事を押し付け海外旅行へ行ってる社長へのちょっとしたイヤガラセを込めて、社長室の椅子に中村くんが座ると、すぐ私は彼のペ○スをズボンから取り出しておしゃぶりしてあげました。
「すごい・・・キク-ッ!!>」バキュームの様に吸い付く私の唇に中村くんは喜びの悲鳴をあげ、グイグイと私の顔を股間に押し付けてくるので、大きなペ○スが口いっぱいになり、すぐ息苦しくなってきます。もちろんその後すぐ彼からのお返しのクンニもたっぷりとしてもらいました。
「あぁストッキングは脱がないでよ・・・。そのほうがそそるんだ」中村くんは女性のストッキングを破いてするのが大好きらしく、私のストッキングをビリビリ!!破くと、中のヒモパンの隙間から指と舌を差し入れてクリとあそこを丁寧に時間をかけて愛撫してくれました。「すごい・・・体がゾクゾクするぅ」

続きはお楽しみにぃ~(^▽^)/
スポンサーサイト
[PR]

[PR]
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。